燃費の測定方法

【10・15モードからJC08モードへ】

自動車のカタログやホームページに載っている燃費の情報。
しかしその情報と実際の燃費とは大きく違っている場合も多いものです。
なぜこのように大きく違いが生じるのでしょうか?

燃費の計測は、国土交通省が決めた方法により測定されています。
現在は「10・15モード」という測定方法がつかわれています。

下の図をご覧ください。

10・15モード
10・15モード
【参考:国土交通省

この図のように、燃費は車1台ごとに加速、減速、停止などの細かい決まりに従って測定されます。

しかしこの測定につかわれる運転方法は、実際に運転するのと比べると加速などの速度変化が少なく、またアイドリング後に測定を開始するなどの問題があり、実際に皆さんが走るよりも燃費が良くなりがちになります。

そこでもっと実際の走行に近づける計測方法をして導入が予定されているのが「JC08モード」です。

このJC08モードの測定では、測定時間も倍近く長くなり、平均時速や最高速度も高められます。(最高時速は70km/hから80km/hに引き上げられます。)


これにより燃費のデーターがより実際の運転時の数字に近づくことが期待されます。
そうなると車を購入するときのカタログデーターがより役立つようになりますね。

2011年より導入予定です。

Copyright © 2006 ガソリンカードでガソリン代節約【ガソリンカードの仕組みを解説】. All rights reserved