ガソリンを消費しないコツ

1.ガソリンを消費しないコツ

それでは早速ですがガソリンを消費しないコツをお伝えします。
一つ一つは小さなことですが、これらのことを全て実行することで、毎月のガソリン代は結構変わってきますよ。

ガソリン
私もこれらの方法を実行することで。月にガソリンを2回入れていたのが、2カ月に3回ほどの給油で済むようになっています。

皆さんもぜひ実行してみてくださいね。


◆ゆっくり発進する
ブレーキを離してからアクセルを踏み込んで流れの速度になるまでを、ゆっくりと動作します。
この運転の仕方だけで、普通に発進するよりも約10%の燃料節約になります。
逆に、急発進は普通の発進の30%以上の消費になります。


◆速度を一定に保つ
1分間に5回速度を変えると、変えないときより30%以上燃費が悪くなります。
無駄なブレーキを踏まないために車間距離を取ったり、アクセルの踏み込みを一定に保つような運転を心がけましょう。


◆アイドリングストップ
理論的には、5秒以上停まるのであれば、一旦エンジンを切ってからかけ直したほうがガソリンを節約できるというデータがあります。
交通の妨げにならない停車時などには、アイドリングストップを心がけましょう。
最近は公共バスなどでは信号待ちでエンジンを切るバスも増えてきているようです。


◆オイル交換
燃費の悪くなる原因の一つが、車のメンテナンス不良です。
その中でもメンテナンスが一番必要なのがオイルです。
少なくとも半年に1回は交換しましょう。
その他にも、バッテリーやエアクリーナーなども時々チェックしましょう。


◆タイヤの空気圧チェック
空気圧が低いと、特に遠出の時には5%程度燃費が悪くなります。
ガソリンスタンドなどで月に1回くらいは空気圧を測定して調整しましょう。


◆エアコンを使わない
真夏の35℃くらいあるときにエアコンを使うと、30%以上燃料消費が上がります。
できる限りエアコンを使わず外気循環にし、使うときは内規循環にしましょう。


◆車の重量を減らす
大人2人分重くなると、約5%燃費が悪くなります。
必要のない荷物は車の中から降ろすようにしましょう。
またルーフキャリアは空気抵抗も大きくなるので使わないときには乗せておかない、近場ならガソリンは満タンにしないなど、車を軽くする工夫をしましょう。


◆燃費向上グッズを使う
最近では車に取り付けるタイプの燃費向上グッズが数多く売られています。
こういったグッズを利用するのもいいでしょう。

◆歩け!
歩くと、きっといいことがあります。(笑)
そう思って歩きましょう。

Copyright © 2006 ガソリンカードでガソリン代節約【ガソリンカードの仕組みを解説】. All rights reserved